Sound and Music Description

終盤にかけて少しずつ盛り上がっていくアレンジです。
寂しさを表現する場面や、別れのシーンなどに合うと思います。